2018年07月18日

四つ橋レトロさんぽ

四つ橋へ行く。
オリックス劇場で行われている税理士研修の目的だけれど・・・・・
西区新町、西区立売堀・・・・・
レトロビルの宝庫である。

IMG_0974[1].JPG

四つ橋の由来が・・・・・4本の橋の意味であるが。

IMG_0953[1].JPG

長瀬産業ビル

IMG_0949[1].JPG

ランチは、BOSTONで、ブルースがかかっている。

IMG_0962[1].JPG

現役レトロビルの王者
posted by asti-supumante at 03:08| Comment(0) | レトロビル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レクイエムを再びA

一連の行事が終わる。
枚方から西宮まで連日通うのも終わり、仕事に復帰し、趣味も復帰する。

妹は東京都民。10年も行ったり来たりであった。
娘は、北海道民。このところ、往復してくれた。
私たちは大阪府民。
息子たちは兵庫県民。
都道府県そろっている。

しかし、子供たちは全うに育ってくれた。
嫁や婿、その後両親、すべていい人たち。
すべては子育てを手伝ってくれた母のおかげだ。
みんなおばあちゃんを慕って、寝たきりになっても見舞いをちゃんとやってくれた。

すべては、母に感謝。
神に感謝である。

通夜式は、長年お世話になっている主任司祭のU神父様。
告別式は、若いベトナム出身のS神父様。
5週間ほど前のベトナム巡礼旅行の団長をされていた。
あの頃は、母がそんなことになるとは思っていなかったので。
しかし、結果的には巡礼旅行に参加していて良かった。
S神父様とは色々話ができたので。
偶然ではなく、必然。

5月〜6月に、私たちのいろいろなスケジュールが終わって
それが済むのを待っていてくれた。





posted by asti-supumante at 02:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レクイエムを再び

 7月9日(月)
母が帰天した。
10年あまりの闘病、寝たきり生活。

その間、父の帰天。
母の、病床による洗礼。
私と妹の洗礼で、3人とも昔からあこがれていたカトリック信者となった。

長女の結婚
次男の再婚・・・・・・・・
色々とあった。

6月中は寝たきりがずっと続くものだと思っていたのに。
7月になった途端の病状悪化によるものだ。

日本式で言ういわゆる通夜と告別式は、カトリック教会で行われた。
もちろん、妹と私のプロデュースだ。

天に旅立つときの母の寝顔は、ヴェールをかぶり、ロザリオを持ち、清らかな聖女のようであった。
寝たきり老人だっととは思えない。

フォーレのピエイエズスをまた聴こう。
心が洗われるから。

  IMG_0307[1].JPG

夙川教会


posted by asti-supumante at 02:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする